栃木県では、30代からの転職は難しい?

  • 一般的に転職を考えると30代からの転職は厳しいと聞きます。
    実際には30歳半ばまでなら未経験でも転職することは出来ますが、栃木県ケアハウスの仕事を探す時、ハローワークだけだとかなり厳しくなってきます。
    ハローワークを利用した方なら分かると思いますが、ハローワークが扱っている求人の量と質に関係してきます。
    ハローワークへ求人を出すのは基本無料ですから、企業側としても取りあえずで出すところが多いのもその理由です。
    今は新たに人を採用する必要はないけれど、離職率が高いから常に求人を出している会社もあるくらいです。
    私も経験がありますが、希望する求人を持って相談窓口に行くと、担当者が該当企業に電話で問い合わせをしてくれますが、「未経験OK」と求人票には記載があっても、その条件は酷いものです。
    未経験だと求人票に記載されている「給与」の支払いが出来ないと言われたり、研修期間が長かったりします。
    一方で「介護職」の場合は人材不足による需要と供給のバランスが崩れているため、『未経験』でも優位に転職する事ができます。
    転職後、介護施設のバックアップで資格取得(キャリアアップ)出来るところも多く、キャリアや資格に応じた給与アップも見込めます。
    しかも、国や各都道府県も高齢者問題に取り組んでいますので、介護士の離職防止策や待遇改善に力を入れて介護士さんを支える体制を整えています。

    資格をとるだけでも変わる

    介護職以外だと、資格やスキルなど即戦力になる方を優先に転職者受け入れますし数も少なくなっていて、未経験の仕事に就くのは中途採用だとかなり高い壁があります。
    当たって砕けろで面接を申し込んでも、採用されるのは相当確率が低いです。
    簡単に言えば、経験のない仕事に就くには資格と経験が無いとだめだなと気がつき、必死で勉強して資格を取得する時間やお金に余裕が有れば別ですが、時間やお金に余裕が有る方は少ないです。
    栃木県ケアハウスも、資格は無いより有った方が転職に有利ですが、栃木県ケアハウスの場合は、「資格」より「やる気」と「思いやり」の方が重視されます。
    それでは下記より栃木県の介護の取り組みや、介護職の具体的な説明をしていきます。

介護職未経験転職情報

栃木県 介護の取り組み

  • 栃木県内の事業所に職員の育成に対するアンケート調査結果

    ○アンケートの結果から、職員の育成について何らかの取組(外部及び内部研修、OJT、キャリアパスや人材育成計画の策定、面談、評価等)を実施している事業所の割合は、部分的なものも加えると全体の約 6 ? 8 割に及んでいる。
    ○育成に対する満足度についても、約 6 割程度の事業所が「順調」と回答しており、結果から、事業所全体で見れば、人材育成の状況は決して満足すべき水準とは言えないものの、処遇改善加算取得のための取組も相まって、改善の途上にあると考えられる。
    ○回答結果を事業所の属性で分析すると、職員数が少ない事業所ほど、人材育成に対する取組や体制の整備が遅れている。特に全体の約 3 割に相当する、職員数が 50 人未満の小規模事業所において、その傾向が顕著である。
    ○人材採用に関する考え方は、職員数 50 人以上の中?大規模事業所では「新卒と中途両方から採用する」という回答が 1 位で全体の約 6 割に上り、小規模事業所では「特に方針を定めていない」と「中途採用中心」の 2 つで全体の 6 割以上を占める。
    ○小規模居宅サービス事業所は、介護知識・技術の習得度に個人差が顕著な中途採用の職員が多い傾向にある。
    ○「育成の取組を実施していない理由」については、取組の種類に関わらず「時間がない」との回答がトップに挙げられ、小規模事業所ほど人材不足が原因となって人材の確保や育成に時間を割く余裕がないと考えられる。

    栃木県の介護事業所規模による分析

    ①規模別
    職員数 300 人以上を大規模、50人以上 300 人未満を中規模、50人未満を小規模とした場合の構成比率は、おおよそ大規模2割、中規模5割、小規模3割となる。
    ②規模別×法人種別
    規模別×法人種別の構成比率を見ると、大規模事業所は民間企業と社会福祉法人が 4 割ずつ、中規模事業所では社会福祉法人が 6 割以上、小規模事業所では民間企業が6割以上となる。
    ③サービス種別
    サービス種別によって事業所を施設系と居宅系に分類した場合、「施設系+居宅系」の事業所が6割、「居宅系のみ」が4割となる。
    ④規模別×サービス種別
    規模別にサービス種別の構成比率を見ると、中?大規模事業所では「施設系+居宅系」が 7割以上を占めるのに対し、小規模事業所では「居宅系のみ」が7割となる。
    ⑤規模別×人材育成の取組
    取組の種類に関わらず、規模が小さくなるほど未整備・未実施の割合が増えており、育成の取組と事業所規模の間に明確な相関が見られる。
    特に 50 人未満の小規模事業所において、「キャリアパス」は 3 割が整備されておらず、「人材育成計画」、「面談」、「目標達成状況等の評価」等の施策を定期的に実施している割合がかなり低くなっている。

介護職へ転職・就職を考えたら

介護職へ転職・就職しようとお考えのあなた・・
保有資格を最大限にいかせる介護施設はどこでしょう

◇ヘルパー
◇ケアマネジャー
◇サービス提供責任者
◇生活相談員
◇介護事務
◇機能訓練指導員(PT/OTなど)
◇管理栄養士
◇送迎ドライバー
◇介護福祉士
◇実務者研修
◇社会福祉主事任用
◇児童発達支援管理責任者
◇資格を保有していない

無資格でも安心してください。大丈夫です。

介護の資格をお持ちの方は、その資格を最大限に活かせる介護施設で働きたいですよね。

その希望を満たす求人情報を提供してくれるのは、転職支援サイトです。

介護業界の転職を専門としたエージェントに、資格や経験、あるいは、資格がないこと・未経験であることを詳しく話すことで、あたなにぴったりの求人情報を提供してくもらうことができます。

希望する働き方は?

◇正社員
◇契約社員
◇派遣
◇パート・アルバイト
◇どうしようか迷っている

安心してください。迷っていることを気軽に相談してください。

☆今までは正社員だったけど、子供がまだ小さいうちはパート・アルバイトで働きたい。
☆今は派遣で働いているけど、正社員で採用してくれる介護施設を探している
☆自分のベストな働き方が分からない。どんな働き方ができるのか、教えてほしい。

転職や就職を後悔したくないので、悩んでしまいますよね。

そんな時は、介護業界の転職に詳しい専門家に相談するのが一番安心できます。

今お持ちの悩み、相談を全て打ち明けて、納得してから就職・転職活動した方が後悔がありません。

せっかくの転職・就職です。
10年・20年先を見据えて、あなたのキャリアアップを叶える転職・就職にしましょう。

ケアマネージャー求人のデマンド

少子高齢化が進行するにつれ、巷では介護の課題が話題にされます。

近年、特筆してケアマネージャー求人のデマンドはとても高まっています。

しかしながら、求人情報に供給が非常に追いつかない実況があります。

この課題は、今後継続すると見込まれておりケアマネージャー不足には各市町村も危惧するところです。

逆に言えば、職業を探し出したいと思ってる方は大きなチャンスです。

今後、デマンドが見込まれる介護施設で勤めることは、働く者の充実感にも繋がります。

また、近頃ではケアマネージャー求人を浸透させるため、市町村が率先して求人情報を公開するなど、たくさんの支援を推進しています。

当然、ケアマネージャーになるためには、たくさんの尽力が不可欠ですし容易になれるものではありません。

資格を獲得するためには、実務とたくさんの体験が不可欠です。

もちろん、しっかりと尽力した方には、ケアマネージャーという資格と充実感、そしてたくさんの利点が持たされることは言うまでもありません。

希望通りのパート介護求人を見つけるには

介護職のパートを探す際のポイントとしては・・・

・研修や介護についての教育システムがあるか
・ブランクや未経験者への指導はあるか
・育児との両立、勤務時間などライフスタイルに応じた働き方ができるのか
・資格取得支援制度などあるのか

施設によっては、子育て中の職員を対象に、子供手当というのもあります。この他にも、自分が働く上での必要な事もしっかりと確認しておくようにしましょう。

ただ自分で探す場合、求人の詳細などを見ても簡単な説明しか掲載されていないため、いざ応募してみると「求人内容と違っていた」という事も少なくありません。

そのような事態を防ぐには事前の情報収集が大切ですね。そのためには介護職専門のサイトなどに登録するという方法もあります。

介護士求人サイトなら介護の専門に精通しているので、求人紹介施設の種類も豊富にあり、専任のコンサルタントが求人紹介や面接の調節などサポートしてくれますので、それはメリットといえます

小さい子供がいる場合、残業なし、土日休み、急な発熱でも休めるのか?など自分では直接言いづらい、わがままな条件もコンサルタントが施設側と交渉・確認してくれます。

このように、仕事を探す方法は色々とありますが、直接施設に質問しづらいことがあるケースほど、介護の専門サイト求人に無料登録をして就職活動を進めるほうが、ご自身の負担が少なくて済みます。より良い条件で働くことができれば、仕事に対する意欲も断然高まります。

こうした介護求人の人材紹介会社は、完全無料で利用できます。介護士パート求人でお仕事探しをされている方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護職未経験転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ