岡山県では、30代からの転職は難しい?

  • 一般的に転職を考えると30代からの転職は厳しいと聞きます。
    実際には30歳半ばまでなら未経験でも転職することは出来ますが、岡山県グループホームの仕事を探す時、ハローワークだけだとかなり厳しくなってきます。
    ハローワークを利用した方なら分かると思いますが、ハローワークが扱っている求人の量と質に関係してきます。
    ハローワークへ求人を出すのは基本無料ですから、企業側としても取りあえずで出すところが多いのもその理由です。
    今は新たに人を採用する必要はないけれど、離職率が高いから常に求人を出している会社もあるくらいです。
    私も経験がありますが、希望する求人を持って相談窓口に行くと、担当者が該当企業に電話で問い合わせをしてくれますが、「未経験OK」と求人票には記載があっても、その条件は酷いものです。
    未経験だと求人票に記載されている「給与」の支払いが出来ないと言われたり、研修期間が長かったりします。
    一方で「介護職」の場合は人材不足による需要と供給のバランスが崩れているため、『未経験』でも優位に転職する事ができます。
    転職後、介護施設のバックアップで資格取得(キャリアアップ)出来るところも多く、キャリアや資格に応じた給与アップも見込めます。
    しかも、国や各都道府県も高齢者問題に取り組んでいますので、介護士の離職防止策や待遇改善に力を入れて介護士さんを支える体制を整えています。

    資格をとるだけでも変わる

    介護職以外だと、資格やスキルなど即戦力になる方を優先に転職者受け入れますし数も少なくなっていて、未経験の仕事に就くのは中途採用だとかなり高い壁があります。
    当たって砕けろで面接を申し込んでも、採用されるのは相当確率が低いです。
    簡単に言えば、経験のない仕事に就くには資格と経験が無いとだめだなと気がつき、必死で勉強して資格を取得する時間やお金に余裕が有れば別ですが、時間やお金に余裕が有る方は少ないです。
    岡山県グループホームも、資格は無いより有った方が転職に有利ですが、岡山県グループホームの場合は、「資格」より「やる気」と「思いやり」の方が重視されます。
    それでは下記より岡山県の介護の取り組みや、介護職の具体的な説明をしていきます。

介護職未経験転職情報

岡山県 介護の取り組み

  • 岡山県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○職員に研修を受けさせる事業所について、代替となる職員を派遣する。

    ⇒○介護職員の資質の向上をはかる

    その他の「資質の向上」の取組

    ○介護職員の医療的ケアの研修会を実施

    ⇒○介護職員の資質の向上をはかる

    人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

    【現状】
    ・行政、関係機関・団体等で構成する協議会を設置した。

    【今後】
    ・介護人材育成に取り組む事業者の中から、優良の事業者を評価する評価方法を今後検討

    岡山県の人口構成の変化

    岡山県の高齢者人口

    今後、0歳から14歳までの年少人口と15歳から64歳までの生産年齢人口が減少する一方で、65歳以上の高齢者人口が増加し、高齢化率は平成32年に30.5%になり、その後も30%台が続きます。

    高齢者のみの世帯数

    平成22年の国勢調査をもとにした世帯数の推計によると、本県の高齢者の単独世帯数は平成32年(2020年)にかけて急速に増加し、平成37年(2025年)に10万世帯に達した後も緩やかに増加し続けます。

    要支援・要介護認定者数

    岡山県において、要支援認定又は要介護認定を受けている者(要支援・要介護認定者)の数は、10万9千人(平成25年度末)で、その内訳は、97.9%が65歳以上の第1号被保険者、2.1%が40歳から64歳までの第2号被保険者となっています。

    介護給付等対象サービスの利用状況

    介護給付及び予防給付対象サービス(介護給付等対象サービス)に係る費用は、利用者の増加等により平成12年度の678億2千万円から、平成25年度の1,553億7千万円と2.3倍になっています。

    岡山県介護今後の課題

    今後、岡山県の後期高齢者は増加し、高齢者のみの世帯も増加することから、次のような状況が見込まれます。

    ① 要支援・要介護認定者の88.6%が後期高齢者である現状を踏まえると、今後、さらに要支援・要介護認定者が増加します。

    ② 要支援・要介護者の58.1%が「認知症高齢者の日常生活自立度」がⅡ以上であり、年齢が高くなるほどその割合が高くなる現状を踏まえると、今後、さらに認知症高齢者が増加します。

    ③ 食事づくり、買物、金銭管理、ごみ出しなどの生活管理は、一般的に家族が共同して行っていることを踏まえると、日常生活に支障を来し、生活支援の必要な高齢者が増加します。

    さらに、
    ④ 要支援・要介護状態や認知症の高齢者の増加により、介護サービスの需要が増大しますが、生産年齢人口の減少で産業全体の労働力が低下する中、介護人材が不足します。

    ⑤ 介護サービスの利用者の増加等によりサービスに係る費用が増加し、被保険者の保険料負担と市町村や県の公費負担が重くなります。

    計画の目標

    ○在宅医療と介護の連携の推進
    ○認知症施策の推進
    ○生活支援と介護予防の推進
    ○高齢者の住まいの安定確保
    ○介護人材の確保
    ○在宅サービスの充実・強化

    在宅医療と介護の連携の推進

    高齢者が可能な限り、住み慣れた地域で日常生活を継続しながら、必要な医療と介護が受けられるよう、医療・介護関係団体の協働のための合意形成や市町村の取組を支援します。

    認知症施策の推進

    認知症高齢者のさらなる増加が見込まれることから、認知症になっても本人の尊厳が重視され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けることができるように、早期から適切なサービスを受けることができる体制の整備や地域における見守り支援が広がるようにするための市町村の取組を支援します。

    地域ケア会議の推進

    地域ケア会議は、地域包括ケアシステムの構築に有効な手段となることから、市町村において、地域ケア会議が設置され、個別ケースの検討や地域課題の検討が行われるよう、市町村の取組を支援します。

    中重度者を支える在宅サービスの普及促進

    中重度の要介護者や高齢者のみの世帯等が増加することから、要介護状態となっても可能な限り住み慣れた地域で継続して日常生活を営むことができるようにするため、毎日複数回の訪問と通いと泊まりの機能を柔軟に組み合わせて、高齢者の日常生活全般を支えるサービスが普及するよう、事業者の新規参入に向けた働きかけを行います。

    地域支援事業の推進

    介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)の実施が市町村に義務付けられたことから、市町村の取組が円滑に進むように支援します。

    介護予防・生活支援サービスの基盤整備の推進

    民間企業、NPO、ボランティア団体等の多様な主体が介護予防・生活支援サービスの担い手となって高齢者の在宅生活を支えることができるよう、生活支援コーディネーターの養成や高齢者等への普及啓発を行うなどを行います。

    介護予防の推進

    全ての市町村において、住民運営の様々な通いの場が誕生し、高齢者の居場所と出番の創出を通じた介護予防の取組が拡充するよう支援します。

    高齢者の住まいの安定確保

    高齢者が状態の変化に応じて住まい方を選択できるようにしながら、要介護状態となっても、必要な医療・介護・生活支援サービスを利用して、住み慣れた地域での生活を継続できるように、地域包括ケアシステムの前提となる高齢者の住まいの安定確保に向けた取組を進めます。

40歳、50歳の介護士・ヘルパーの求人がある施設

40歳代、50歳代の好待遇の求人情報を見る際に気を付けたいのが、あなたの希望条件と求められるスキルが一致するかどうかを確認することです。

また、あなたの資格や経験をもう一度整理することも必要です。

希望条件に見合う介護施設はどこ?

あなたの希望条件は何でしょうか。
また、あたなが以前の施設を辞めた理由は何でしょうか。

また希望に見合った施設を探すためにも、同じ問題がおこらないようにするためにも、施設の特徴や働くうえでのポイントを知っておくことは重要です。

介護施設の種類・特徴・働くうえでのポイント
特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】・医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。
・介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

【POINT】意識、意欲を高く保てないとルーチンワークになりやすい

介護老人保健施設
【特徴】・機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる
・多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる

【POINT】・医療職が主導権を持ち、介護職は補佐的役割となる施設も多い
・どのような介護でも、他施設に比べ全て自立に繋げるよう考えられているので、ケアに対してやや異なる意識の持ち方も必要

グループホーム・認知症対応型共同生活介護事業所
【特徴】・少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい
・施設でありながら、家庭的な雰囲気である
・提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)

【POINT】・認知症状への理解度合いが低いと、適切な介護提供が困難
・ 夜勤人員が少ないため、緊急対応時の判断力が求められる
・少人数のため、人間関係が濃くなりがち

介護付き有料老人ホーム
【特徴】・同僚のケアを学べる
・昇給・昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい

【POINT】・運営会社により方針が大きく異なる
・時間に追われがち
・大勢のスタッフと働くため、意見の相違などがストレスになることも
・事業所方針により、営業的側面がある場合も

サービス付き高齢者向け住宅
【特徴】・訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない
・在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

【POINT】・一般住宅のため訪問介護同様、個別にケアを行い、見えない時間もある
・医療職は配置されない場合が多い

訪問介護・ホームヘルプ
【特徴】・一対一で介護が出来る
・自宅近くで土地勘を活かしながら働ける
・のびのび働ける
・時間単位で動ける

【POINT】・介護が自己流になりやすい
・各訪問先ごとにやり方が違う
・一人で訪問するため、とっさのときに頼れる人が近くにいない(電話でしか指示を仰げない)

ショート・短期入所生活介護
【特徴】・様々な状態の利用者に接することが出来る
・介護の高い方は、比較的少ない

【POINT】・一時利用のため継続した介護提供(観察含む)を行っていない場合が多く、状態把握が難しい
・利用者入れ替わりのサイクルが早いため、事務処理が多い

デイサービス・通所介護事業所
【特徴】・夜勤がない
・日曜日が休みの施設が多い
・レク中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある

【POINT】・曜日により利用者が異なるため、状態把握、報連相が重要

地域密着型サービス・小規模、小規模多機能型居宅介護
【特徴】・在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。
・訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる

【POINT】・利用者数が限定されている
・在宅ながら夜勤がある
・在宅ケアの全てを一括して担うため、一般的な施設以上にご家族との報連相が重要となり、情報の共有漏れの影響が大きい


介護施設の求人情報に詳しい転職のプロに相談するメリット


40歳代・50代の私にぴったりなのはどこ・・・? プロの意見が聞ける!


介護施設ごとの特徴・働くうえでのポイントが分かっても、
・自分の希望条件が通りやすい施設はどこなのかが分からない・・。
・自分の資格や経験をどこで活かせるのかが分からない・・・。

そんな転職や就職に、年齢的な不安をお持ちなら、介護職員さんの転職サポートに専門特化したキャリアエージェントに相談しましょう。

キャリアエージェントに相談するメリット

◆メリット1
介護職員さんの転職・就職サポートを専門にするアドバイザーが、完全無料で納得の就職・転職・パートやアルバイト探しを実現するためのお手伝いをしてくれます。

◆メリット2
あなたの希望条件に見合った介護職・介護施設の求人を提供してくれます。

転職をサポートしてくれるアドバイザーは、現場のことをとてもよく知っていて、普通はそこで働いていないと分からないような情報をたくさん知っています。
現場の雰囲気やどんな上司か・・・などの情報をあなたに事前に伝えられるよう、しっかり現場を訪問しているのです。

介護職の求人情報からは分からない、中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができますね!
後悔のない、納得の転職・就職・パート探し・アルバイト探しが実現できるのです!

◆メリット3
転職の際につい見落としがちになってしまう注意点なども、アドバイスしてくれます。
面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれるところもあります!

急いでお仕事をスタートさせたい方、少しでも高給料・好待遇をお望みの方、一生の職場として慎重に選びたい方の心強い味方です。

ホームヘルパー急募情報

日本は、周知の通り「高齢化社会」に突入しています。

今後少子化と長寿化によって、日本はさらに高齢化社会が加速していくと言われています。

それに伴い、高齢者の介護などを行う「ホームヘルパー」の求人も増加傾向にあります。

就職難と言われるこのご時世ですが、人手不足に悩まされている介護業界ではホームヘルパーの求人が常に寄せられています。

特に、体力のある男性のホームヘルパー求人が増加しています。

寝たきりの人の介護は、女性より体力がある男性の力が不可欠であるためです。

ホームヘルパーの資格を持っている人は、市町村の求人情報を活用してホームヘルパーの仕事を見つけるのがおすすめです。

市町村の求人情報として代表的なのが、各市町村が運営する福祉センターなどで発行される「広報誌」です。

ここには、長期間安定して勤められる職場が多数掲載されており、ホームヘルパーの仕事を始めようと思っている人にもってこいです。

また、市町村が発行しているため、安心して応募することが出来ます。

しかし、今就業中の方の場合、福祉センターやハローワークに通う時間が取れないと思います。

そこで、おすすめなのがネットを活用した「介護士専門の求人案内」です!

未経験でもオススメなワケ!

未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護職未経験転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ