長崎県では、30代からの転職は難しい?

  • 一般的に転職を考えると30代からの転職は厳しいと聞きます。
    実際には30歳半ばまでなら未経験でも転職することは出来ますが、長崎県グループホームの仕事を探す時、ハローワークだけだとかなり厳しくなってきます。
    ハローワークを利用した方なら分かると思いますが、ハローワークが扱っている求人の量と質に関係してきます。
    ハローワークへ求人を出すのは基本無料ですから、企業側としても取りあえずで出すところが多いのもその理由です。
    今は新たに人を採用する必要はないけれど、離職率が高いから常に求人を出している会社もあるくらいです。
    私も経験がありますが、希望する求人を持って相談窓口に行くと、担当者が該当企業に電話で問い合わせをしてくれますが、「未経験OK」と求人票には記載があっても、その条件は酷いものです。
    未経験だと求人票に記載されている「給与」の支払いが出来ないと言われたり、研修期間が長かったりします。
    一方で「介護職」の場合は人材不足による需要と供給のバランスが崩れているため、『未経験』でも優位に転職する事ができます。
    転職後、介護施設のバックアップで資格取得(キャリアアップ)出来るところも多く、キャリアや資格に応じた給与アップも見込めます。
    しかも、国や各都道府県も高齢者問題に取り組んでいますので、介護士の離職防止策や待遇改善に力を入れて介護士さんを支える体制を整えています。

    資格をとるだけでも変わる

    介護職以外だと、資格やスキルなど即戦力になる方を優先に転職者受け入れますし数も少なくなっていて、未経験の仕事に就くのは中途採用だとかなり高い壁があります。
    当たって砕けろで面接を申し込んでも、採用されるのは相当確率が低いです。
    簡単に言えば、経験のない仕事に就くには資格と経験が無いとだめだなと気がつき、必死で勉強して資格を取得する時間やお金に余裕が有れば別ですが、時間やお金に余裕が有る方は少ないです。
    長崎県グループホームも、資格は無いより有った方が転職に有利ですが、長崎県グループホームの場合は、「資格」より「やる気」と「思いやり」の方が重視されます。
    それでは下記より長崎県の介護の取り組みや、介護職の具体的な説明をしていきます。

介護職未経験転職情報

長崎県 介護の取り組み

  • 長崎県の高齢者の現状と将来推計

    高齢化の状況

    人口構造の変化

    長崎県の人口は昭和35年をピーク(約176万人)に昭和60年以降、毎年減少傾向が続いており、今後もその傾向は続いていくものと推測されます。
    年齢3区分別人口を見ると、本県の65歳以上の高齢者人口は昭和60年以降に増加が続いており、平成37年(2025年)には約44万人でピークに達すると推測されています。

    高齢化の現状

    高齢化率についても、全国を上回る率で上昇の一途をたどっており、平成27年には29.8%、平成52年には39.3%に達する見込みとなっています。
    長崎県の圏域別での高齢化率の状況を見ると、県央地区において、全国平均を下回るものの、離島地区においては総じて30%を超えるなど高い状況にあり、上五島地区においては、36.7%に達しています。
    平成22年の本県の平均寿命は、男性が78.88歳、女性が86.30歳となっており、平成17年に比べ、男性が0.75歳、女性が0.45歳延びています。
    また、平成25年の簡易生命表(厚生労働省)では、全国の平均寿命について、男性が80.21歳、女性が86.61歳となり、男性について初めて80歳を超えました。
    なお、日常生活に制限のない期間の平均である健康寿命(平成22年)について、本県の男性は69.14歳(全国70.42歳)、女性は73.05歳(全国73.62歳)と、いずれも全国平均を下回っている状況です。

    高齢者の生活状況

    高齢者世帯の動向

    長崎県の一般世帯総数に占める65歳以上の高齢者のいる世帯の割合は、国に較べて5%程度高くなっており、今後もその傾向は続く見込みとなっています。
    また、高齢者のいる世帯における「高齢単身世帯」「高齢夫婦のみの世帯」の割合も増加傾向にあり、平成37年には両者を合わせて30%を超えることが推測されています。

    高齢者のいる世帯の住居の状況

    長崎県では、一般世帯の持ち家率が64.1%に対し、「高齢者のいる世帯」が84.0%、「高齢単身世帯」が72.9%、「高齢夫婦のみの世帯」が88.6%といずれも持ち家率が高くなっています。
    また、借家の状況をみると、一般世帯で民間の借家の割合が高く、高齢者世帯の中では「高齢単身世帯」が16.1%と民間の借家の割合が高くなっています。

    就業状況

    長崎県では、65歳以上高齢者の16.9%にあたる約6万2千人が何らかの仕事に従事しています。性別では、男性の25.2%、女性の11.4%が従事しており、男性の就業率が高くなっています。
    また、圏域別では壱岐・県南・対馬圏域の順で高齢者の就業率が高く、特に壱岐圏域では24.9%と県平均16.9%を大きく上回っています。
    仕事の内容では、約3割を農林漁業が占め、次いで卸売・小売・飲食店、サービス業の順となっており、継続就業希望者も83.7%と高い割合になっています。

    健康状況

    平成23年患者調査(厚生労働省)の推計患者数によると、全国の65歳以上の高齢者の受診者総数は約424万人となっており、全年齢の受療者総数に対する割合は49.3%となっています。
    長崎県の65歳以上の高齢者の受診者総数は約6万6千人となっており、全年齢に対する割合は55.5%と全国より高くなっています。
    また、同調査において、本県の受療率(ある特定の日に疾病治療のために、入院あるいは通院、または往診を受けた患者数の人口10万人に対する比率)は、年齢が高くなるにつれて入院、外来ともに受療者が多くなっており、75歳以上では、入院が6,631人、外来が14,085人、総数では20,716人となっています。

    認知症の状況

    高齢化の進展に伴い、認知症高齢者の数は、平成24年では、65歳以上の7人に1人であったのが、平成37年(2025年)では5人に1人となり、本県においても平成37年(2025年)には8万3千人以上となるものと推測されています。

    介護保険給付の現状

    介護認定状況

    長崎県の要介護度別の認定状況(平成26年9月30日現在)の内訳を見る、要支援1、2、要介護1、2と軽度の認定者数が多い状況になっています。
    また、介護保険制度の始まった平成12年と平成26年を比較すると、認定者数で約2.0倍、認定率で約1.6倍となっています。

    介護サービス受給状況

    平成26年9月における各介護サービス受給状況は以下のとおりとなっており、全体の介護サービス受給者のうち居宅介護(介護予防)サービス受給者が73.0%、施設介護サービス受給者が15.7%、地域密着型(介護予防)サービス受給者が居宅介護サービスで11.3%となっています。
    また、介護サービスの受給率(認定者数のうち介護サービス受給者の割合)は84.4%となっています。

    介護費用

    介護費用の推移を見ると、介護保険制度の始まった平成12年と平成26年(予算ベース)で比較すると介護総費用で約2.3倍となっています。

    介護サービス等の推計

    長崎県の要支援・要介護認定者数の推計

    長崎県の高齢者人口が平成37年にピークを迎えるのに伴い、要支援・要介護認定者数の推計についても、平成37年には平成26年と比較して1.23倍となる見込みとなっています。

    長崎県の介護サービス利用量の推計

    今後の認定者数増加に伴い、各種介護サービス利用量についても軒並み増加の見込みとなっています。

    長崎県の必要人材の推計

    平成24年度平成29年度平成32年度平成37年度
    介護職員数25,33729,82030,19132,122
    介護保険施設・事業所の看護職員数4,4085,0325,2445,594
    介護その他の職員12,63515,57516,29317,545
    合計42,38050,42751,72855,261

    安全・安心な社会生活環境の整備

    福祉施設の整備(長寿社会課)

    養護老人ホームの整備

    (現状)
    ○養護老人ホームは、65歳以上で、環境上の問題があり、かつ経済的に困窮し、居宅において生活することが困難な高齢者を入所対象とする施設で、平成26年度末現在、県下15市町に32施設が設置されています。
    (推進方策)
    ○今後の養護老人ホームのあり方として、介護保険給付である特定施設入居者生活介護の適用となる施設への一部又は全部の転換を視野に入れながら改築等の整備を促進します。

    軽費老人ホーム(ケアハウス)の整備

    (現状)
    ○軽費老人ホームは、60歳以上で、身体機能の低下や高齢などのため自立して生活するには不安があり、家族による援助を受けることが困難な高齢者を入所対象とする施設で、A型(食事の提供や日常生活上必要な便宜を供与)、B型(自炊が原則:長崎県内なし)、ケアハウス(バリアフリーに配慮)に区別されます。
    平成26年度末現在、県内には12市町にA型、ケアハウス、計38施設が設置されています。
    (推進方策)
    ○軽費老人ホームA型とケアハウスの整備については、既に充足されていると考えられるため、その整備目標は現状の水準を維持することを基本としますが、設置者から居住環境の改善を目指してA型の軽費老人ホームからの転換の要望があれば、ケアハウスへの転換を推進していくこととします。

    生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)の整備

    (現状)
    ○生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)は、老人デイサービスセンター等に居住部門が併設された施設で、居住部門は、原則として60歳以上のひとり暮らしの方、高齢者のみの世帯に属する方または家族による援助を受けることが困難な方で、独立して生活することに不安のある方が入所対象で、平成26年4月1日現在、県下14市町に32施設が設置されています。
    (推進方策)
    ○生活支援ハウスの整備については、既に充足されていると考えられるため、施設数、定員は現状の水準を維持することとします。

    有料老人ホームの適正運営等(長寿社会課)

    (現状)
    ○人口減少と高齢化の進展により、高齢単身者や高齢夫婦のみの世帯の増加が今後も見込まれる中、高齢者の住まいの確保はますます重要となってきています。
    現在、介護サービスも含めて多様化しているニーズに見合った高齢者向けの住まいが提供される中で、入居する高齢者自身が自分に見合った住まいの選択ができるようになることが望まれます。
    (推進方策)
    ○有料老人ホームの設置にあたっては「長崎県有料老人ホーム設置運営指導指針」に基づき、計画段階から、立地条件・設備・サービス内容等について、市町と協議を行っています。
    ○特に、特定施設入居者生活介護事業所の指定を受ける有料老人ホーム及びサービス付高齢者向け住宅については、平成27年度から特別養護老人ホームの新規入所者が原則、要介護度3以上に限定されることから、軽度要介護者の受け皿として期待されており、「長崎県指定特定施設入居者生活介護事業所の設置等に係る事前協議事務取扱要綱」による市町と事業者との事前協議をもとに、市町における特定施設入居者生活介護の利用見込者数を踏まえ、市町と連携して、適正な整備を図っていきます。
    ○また、有料老人ホームの定義に該当すれば、届出がなくても、老人福祉法に基づく立ち入り検査や改善命令の対象となることから、届出の有無にかかわらず適正な業務運営がなされるよう必要な指導を行っていきます。
    特に平成24年4月、老人福祉法の改正により義務付けられた前払金の保全措置については、入居者保護の観点から徹底されるよう厳しく指導していきます。

    高齢者向け賃貸住宅の整備(住宅課)

    (現状)
    ○長崎県の高齢者のいる世帯の割合は、全国と比べて高くなっています。また、住居に関して、高齢者の単身世帯は他の高齢者世帯の中で民間借家の割合が高くなっています。
    一方高齢者の住む住宅のバリアフリー化については、まだ十分ではありません。このような状況を踏まえ、高齢者の住まい方に合わせ、適切なケアやサービスが受けられる住宅で暮らせるような支援が必要です。
    (推進方策)
    ○長崎県では、長崎県高齢者居住安定確保計画に基づき、「高齢者が住み慣れた地域で、安心して住み続けられる長崎県」を基本理念に、住宅施策と福祉施策の連携の充実、強化を図り、各々の施策を総合的に推進することにより、高齢者の居住の安定確保に取り組んでいきます。
    ○長崎県住生活基本計画に基づき、高齢者や障害のある方向け公営住宅の供給をはじめ、既存公営住宅のエレベーター付高齢者向け住宅への改善及び民間活力を活用したサービス付き高齢者向け住宅の整備推進等、高齢者が安心して住まえる住宅を平成32年までに6,800戸のストック形成を目指します。
    (平成32年度までに養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、高齢者向け賃貸住宅を合わせて高齢者人口の3%の整備を目指します。)
    ○高齢者すまい法に基づき、民間事業者がバリアフリー構造を備え、安否確認・生活相談サービスを提供できる高齢者の生活を支援するサービス付き高齢者向け住宅の登録を推進します。
    ○既存公営住宅にエレベーターを設置するほか、手すりの設置、段差解消及び 3 か所給湯を行うことにより、高齢者が安心して住み続けられるような住戸改善事業を促進します。
    ○公営の高齢者世話付き住宅(シルバーハウジング)への生活援助員派遺及び高齢者の安否確認や生活相談等の支援を行います。
    ○市町との負担割合を同等とする等、適正な役割分担の下に、民間建設型高齢者向け優良賃貸住宅において、所得の少ない高齢者でも住み続けられるよう、家賃補助を行います。
    ※ 改正前の高齢者すまい法第34条の規定により整備された住宅で、建設補助及び家賃補助を受けているもの。
    ○平成23年度より県営住宅において75歳以上の高齢単身世帯の入居者に対して、指定管理者による見守りサービス制度を導入し入居者の安否確認サービスを行っています。

保有資格と求人の詳細

ご存知の通り、介護の現場は「介護保険法」に従い運営されていますので、実務経験が長くても、適性(性格上向いている)があっても法で定められた資格要件を満たしていないとその業務に就くことができません。
重大な法律違反になってしまいます。
自分を守るため、そしてキャリアUPのためにも改めて『介護の資格』について理解しておきましょう。

保有している資格ごとに求人検索することもできます。


・ヘルパー2級
・ヘルパー1級
・介護職員基礎研修
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士
・介護支援専門員
・社会福祉士
・社会福祉主事任用
・精神保健福祉士
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護師
・准看護師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
・介護事務
・医療事務
・その他・無資格

30秒程度のカンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!


ホームヘルパーの仕事と求人

最近、ホームヘルパー求人が多く出されているのを目にすることも多いと思います。

ホームヘルパーとは、介護施設で行う介護ではなく、介護を必要としている方のご自宅に、指定された日時に出掛けて、指示された家事、もしくは介護業務を行います。

ヘルパーステーション、居宅介護サービスの事務所といったところに所属して働きます。

家事業務とは、出掛けるのが難しい利用者の代わりにスーパーマーケットに買い物に行ったり、片付けや掃除をしたり、食事を用意したり、といったことです。

介護業務は、シーツを交換したり、お風呂などの介助や、食事をする手助けを行います。

1時間ほどを1つの単位として介護を行います。

介護施設などに出掛ける手助けを行うこともあります。

お住まいの近くの介護施設でも、あなたを必要としている方が待ってます。

是非この機会に就職・転職を考えてみて下さい。

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。



介護職未経験転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ