上田市では、30代からの転職は難しい?

  • 一般的に転職を考えると30代からの転職は厳しいと聞きます。
    実際には30歳半ばまでなら未経験でも転職することは出来ますが、上田市デイサービスの仕事を探す時、ハローワークだけだとかなり厳しくなってきます。
    ハローワークを利用した方なら分かると思いますが、ハローワークが扱っている求人の量と質に関係してきます。
    ハローワークへ求人を出すのは基本無料ですから、企業側としても取りあえずで出すところが多いのもその理由です。
    今は新たに人を採用する必要はないけれど、離職率が高いから常に求人を出している会社もあるくらいです。
    私も経験がありますが、希望する求人を持って相談窓口に行くと、担当者が該当企業に電話で問い合わせをしてくれますが、「未経験OK」と求人票には記載があっても、その条件は酷いものです。
    未経験だと求人票に記載されている「給与」の支払いが出来ないと言われたり、研修期間が長かったりします。
    一方で「介護職」の場合は人材不足による需要と供給のバランスが崩れているため、『未経験』でも優位に転職する事ができます。
    転職後、介護施設のバックアップで資格取得(キャリアアップ)出来るところも多く、キャリアや資格に応じた給与アップも見込めます。
    しかも、国や各都道府県も高齢者問題に取り組んでいますので、介護士の離職防止策や待遇改善に力を入れて介護士さんを支える体制を整えています。

    資格をとるだけでも変わる

    介護職以外だと、資格やスキルなど即戦力になる方を優先に転職者受け入れますし数も少なくなっていて、未経験の仕事に就くのは中途採用だとかなり高い壁があります。
    当たって砕けろで面接を申し込んでも、採用されるのは相当確率が低いです。
    簡単に言えば、経験のない仕事に就くには資格と経験が無いとだめだなと気がつき、必死で勉強して資格を取得する時間やお金に余裕が有れば別ですが、時間やお金に余裕が有る方は少ないです。
    上田市デイサービスも、資格は無いより有った方が転職に有利ですが、上田市デイサービスの場合は、「資格」より「やる気」と「思いやり」の方が重視されます。
    それでは下記より上田市の介護の取り組みや、介護職の具体的な説明をしていきます。

介護職未経験転職情報

上田市 介護の取り組み

  • 長野県の少子高齢化の現状と見通し

    1)人口
    (1)人口の推移及び将来人口推計
    長野県の現在の人口は、約211万人(平成26年10月1日)です。国勢調査によると、人口は平成12年以降減少に転じ、平成37年(2025年)には約194万人、平成47年(2035年)には約176万人になる見込みです。
    総人口が減少する中、高齢化率(総人口に占める65歳以上人口の割合)は一貫して上昇を続けており、平成22年には県民の4人に1人が高齢者であったのが、平成42年には3人に1人が高齢者という状況になることが予想されます。

    (2)高齢者人口の推計
    65歳以上高齢者のピークは平成32年(2020年)で、64.5万人になると推計されています。また、75歳以上人口のピークは平成42年(2030年)で、40.1万人になると推計されています。
    75歳以上人口を老人福祉圏域別に見ると、平成42年には7つの圏域でピークとなりますが、木曽圏域では平成27年(2015年)、諏訪圏域では平成37年(2025年)、佐久圏域では平成47年(2035年)と地域によってピークが異なっており、地域の特性に応じた施策が必要と考えられます。

    (3)認知症高齢者数の推計
    長野県における認知症高齢者数は、厚生労働省が推計した高齢者人口に占める認知症高齢者の有病率(全国平均)を用いて推計したところ、平成27年には9.8 ~ 10.0万人、平成37年には12.2 ~ 13.2万人前後になるという結果になっています。また、高齢者に占める認知症者の比率は、平成27年には15.7 ~ 16.0%ですが、平成37年には19.0 ~ 20.6%近くになると推計されています。
    これは、75歳以上の高齢者の割合が高くなることが原因と考えられます。

    2)高齢者世帯の状況
    高齢者単身世帯は平成17年には16.5%でしたが、平成22年には18.7%と増えています。
    将来の推計も、世帯数及び高齢者世帯に占める割合ともに増加していくことが予想されています。
    一方、高齢夫婦のみの世帯は、25.4%(平成17年)から26.5%(平成22年)に上昇していますが、平成32年(2020年)をピークに、その後は緩やかに減少することが予想されています。

    3)長野県高齢者の特徴
    (1)就業・生きがいの状況
    長野県の高齢者の就業率は、全国第1位であり、年齢を重ねても生産活動に従事し続けている県民が多くいると言えます。元気な高齢者を対象に「参加したい・参加できると思う活動」を尋ねたところ、「働くこと」が上位に挙がっており、就業率と就業意欲の高さが長野県の特徴と言えます。
    また、「生きがいがあるか」という問いには、元気高齢者の約85%が「ある」と回答しており、就業を含めた何らかの活動に従事し、充実した生活をおくっている高齢者の姿がうかがえます。

    (2)健康長寿県
    長野県の平均寿命及び年齢調整死亡率は、男女ともに全国の最上位に位置しています。
    また、平成24年度の一人当たりの後期高齢者医療費は都道府県別で低い方から4番目に少なく、高齢者の就業率が全国で最も高いことなどから、全国有数の健康長寿県であると言えます。

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

あなたが求めるやりがい・働きがいとは?

一口に「やりがい・働き甲斐」と言っても、その内容は人それぞれです。

  • 自分の能力を発揮できて、かつそれに見合うお給料をいただけること。
  • お給料は平均的にあればいいが、経験が積めること
  • 職場の雰囲気がよく、連携が取れているので自分のモチベーションもあがること

あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。また、あなたの能力も発揮しにくくなります。

就職・転職をする際にあなたがどんなことに喜びを感じるか、自分がやりがいを感じるときはどんな時かをまず考えてみましょう。


あなたが見たことのない、お給料のいい介護施設の求人があるかもしれません。


介護福祉士・社会福祉士ってどんなお仕事?

年々増加する介護や援助の必要な人を情熱と奉仕の精神を持ってサポートする介護福祉士は主に、介護が必要な高齢者の自宅、または老人介護施設や特別養護老人ホームで、食事や入浴、排せつの介助と、本人や家族の精神面のケアを行います。国家資格の取得が義務付けられており、福祉に対して、より専門的な知識と医学的な技術を身に付けている介護支援のエキスパートといえます。今後、さらに保健・医療の分野に精通する人材の需要が高まっていくと考えられます。

一方、社会福祉士は、身体または精神的に障害のある人や、なんらかの事情により日常生活に支障が出た人の相談にのり、生活の援助をする仕事です。援助の内容は児童相談から金銭的な援助、申請の手続きなど、多岐にわたります。社会福祉士も福祉サービスの多様化に伴い、今以上に専門的な知識や技術が必要となります。公的機関のほか、民間の福祉事業にも活躍の場を広げていくでしょう。

介護職派遣求人も豊富にあります

介護職派遣求人をお探しなら、週3日勤務・週4日勤務・土日出勤なし・夜勤なしなどのご希望に合った働き方のできる職場がみつかります。こちらでご紹介している介護士の働き方は、長時間労働・長期勤務だけでなく、短期・単発・派遣といった働き方も選択できるようになっていますので、安心して求人情報をお探しください。


介護施設も介護職派遣求人に積極的です

すぐに正社員になりたいと思っても、未経験から目指すのは難しいと言われています。

それよりも介護職の派遣から始めて、経験を重ねた後に社員登用を目指したり、正社員求人に絞って転職活動を行う方が良いですね。

それに介護職も派遣からスタートすれば介護職の適性を判断しながら職場に馴染んでいきますし、「今後も長く働きたい」と思えば、正社員へのステップアップも本気で考えることができるでしょう。

介護派遣なら短時間勤務しやすいですし、正社員のように夜勤が入らない、残業がない、というメリットもありますね。

育児と仕事の両立を考えていたり、資格取得の勉強に力を入れたい場合など、充分に両立できるのではないでしょうか。

また、以前は別の業界で派遣(一般事務など)をしながらも、「ずっと介護の仕事に興味があり、タイミングが合えば働きたいと思っていた」という方もとても多いんです。

やはり介護は社会的な意義が大きいですし、日本は少子高齢化が進んでいる国ですから、今後ますます介護業界のニーズは高くなります。

高齢者が高齢者を介護する老老介護の問題もありますし、2025年に少子高齢化はピークに達すると言われています。

約4人に1人が高齢者になりますので、今のうちに経験を積むことで、より有利な条件で転職できるのではないでしょうか。

そのためには、早期に介護職に携わり、必要な介護資格を取得していってください。介護職でも派遣であれば時間に余裕がありますので、働きながら介護職員初任者研修を目指しやすいと思います。

将来的に介護福祉士やケアマネージャーを目指すなら、初任者研修ではなく、最初から実務者研修の方が良いでしょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

介護職未経験転職施設別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ