三重県では、30代からの転職は難しい?

  • 一般的に転職を考えると30代からの転職は厳しいと聞きます。
    実際には30歳半ばまでなら未経験でも転職することは出来ますが、三重県訪問入浴の仕事を探す時、ハローワークだけだとかなり厳しくなってきます。
    ハローワークを利用した方なら分かると思いますが、ハローワークが扱っている求人の量と質に関係してきます。
    ハローワークへ求人を出すのは基本無料ですから、企業側としても取りあえずで出すところが多いのもその理由です。
    今は新たに人を採用する必要はないけれど、離職率が高いから常に求人を出している会社もあるくらいです。
    私も経験がありますが、希望する求人を持って相談窓口に行くと、担当者が該当企業に電話で問い合わせをしてくれますが、「未経験OK」と求人票には記載があっても、その条件は酷いものです。
    未経験だと求人票に記載されている「給与」の支払いが出来ないと言われたり、研修期間が長かったりします。
    一方で「介護職」の場合は人材不足による需要と供給のバランスが崩れているため、『未経験』でも優位に転職する事ができます。
    転職後、介護施設のバックアップで資格取得(キャリアアップ)出来るところも多く、キャリアや資格に応じた給与アップも見込めます。
    しかも、国や各都道府県も高齢者問題に取り組んでいますので、介護士の離職防止策や待遇改善に力を入れて介護士さんを支える体制を整えています。

    資格をとるだけでも変わる

    介護職以外だと、資格やスキルなど即戦力になる方を優先に転職者受け入れますし数も少なくなっていて、未経験の仕事に就くのは中途採用だとかなり高い壁があります。
    当たって砕けろで面接を申し込んでも、採用されるのは相当確率が低いです。
    簡単に言えば、経験のない仕事に就くには資格と経験が無いとだめだなと気がつき、必死で勉強して資格を取得する時間やお金に余裕が有れば別ですが、時間やお金に余裕が有る方は少ないです。
    三重県訪問入浴も、資格は無いより有った方が転職に有利ですが、三重県訪問入浴の場合は、「資格」より「やる気」と「思いやり」の方が重視されます。
    それでは下記より三重県の介護の取り組みや、介護職の具体的な説明をしていきます。

介護職未経験転職情報

三重県 介護の取り組み

  • 三重県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○喀痰吸引等業務を行う介護職員を養成するため、介護職員向け研修及び指導者向け研修を実施。【基金】
    ○認知症ケアに携わる人材育成のための各種研修を実施。【基金】
    ○介護職員のチームリーダーとして必要な資質向上のための研修を実施。【基金】

    ⇒○喀痰吸引等を行うことができる介護職員を90名養成
    ○喀痰吸引等の研修指導者を100名養成 等

    その他の「資質の向上」の取組

    ○成年後見人の養成及び活動を支援する事業への支援。【基金】

    ⇒○成年後見人の養成と制度の理解促進

    介護職員処遇改善

    現状と課題

    ○高齢化の進展に伴い、介護ニーズが増大するなかで、サービス提供を担う介護人材を確保することは重要な課題となっています。

    ○介護職員については、離職率が高い、人材確保が難しい等の状況にありますが、これは介護職員の賃金が低い等の処遇の問題が一因であると考えられます。

    ○他の業種との賃金格差を縮め、介護における雇用を安定させることにより、優秀な人材を確保していく必要があります。

    ○介護職員が将来展望をもって介護の職場で働き続けることができるよう、能力・資格・経験等に応じた処遇が適切になされることが重要です。

    県の取組

    ○介護分野における人材確保、人材育成につながるよう、介護職員の賃金改善やキャリアパスの導入に取り組む事業者を支援します。

こんなお悩みは心配いりません!

就職や転職には、不安やお悩みがつきものですよね。
自分一人ではなかなか解決できないことでも、千人のアドバイザーの力を借りることですんなり解決できることもたくさんあります。

たとえば、こんなケースも大丈夫!!

◆条件って言いづらいけど、妥協したくない!

・前職より高い時給で働きたい
・遅番のない職場で働きたい
・同世代の職員が多いところで働きたい
・車通勤OKのところがいい
・土日はしっかり休みたい
・前職の経験を考慮してほしい
・給与の日払いをしてくれると助かる
・週払いでもいい

この他にも、自分が働く上での必要な事もしっかりと確認しておくようにしましょう。

求人の詳細などを見ても簡単な説明しか掲載されていないため、いざ応募してみると「求人内容と違っていた」という事も少なくありません。

そのような事態を防ぐには事前の情報収集が大切ですね。そのためには介護職専門のサイトなどに登録するという方法もあります。

介護職専門の求人サイトなら介護の転職サポートに精通しているので、求人紹介施設の種類も豊富にあり、専任のコンサルタントが求人紹介や面接の調節などサポートしてくれますので、それはメリットといえます


ケアマネージャーの資格をお持ちなら

将来、きっとお世話になる老人介護施設や、介護の認定などに携わる重要な仕事のケアマネージャーの資格をお持ちなら、ケアマネージャーの求人で仕事を探しませんか。

人材不足が懸念されている状況で、多くの居宅介護支援事業所で、ケアマネージャーの増員を図っています。

利用者様の都合に合わせて動くから、土日がお休み、残業なしはなかなか難しい仕事ですが、極力、都合に合わせてくれる事業所もあるから、ケアマネージャー求人を探すなら都道府県別の施設で検索してください。

一人では不安だというなら、複数人が在籍する事業所のケアマネージャーの求人を探すこともできるから安心です。

せっかく就職した先では、長く勤めたいのは誰しも思うものです。

面接時に、しっかり話を聞いて、自分の希望も伝えておきましょう。

後で言っておけばよかったと思うのは遅いので、自分の希望は事業所に伝えておくべきです。

都道府県別でケアマネージャーの求人が探しやすいから、働きたい地域がきっとみつかります。

無資格でも大丈夫!介護施設の求人を見つける方法

数多くのホームヘルパーの求人や介護施設の情報を見つけるためにはインターネットの利用が便利です。

介護関連の就職情報を扱うポータルサイトではホームヘルパーの求人を給与、働き方、エリアなどで絞り込みをかけて検索することもでき、介護施設の設備情報やサービス内容を一覧することが出来たり、都道府県別の仕事情報を効率的に集めることが可能となっています。

求人ページから簡単に就職採用面接のためのエントリーができたり、問い合わせを行う事の出来るメールフォームが完備されていることもありますので有効に利用して仕事へと繋げることも可能です。

介護等の資格がある場合には採用に有利になりますので持っている資格として応募時に忘れずに入力することが大切です。

介護職は社会的ニーズが高く、無資格OKの施設や中高年などシニア層でも働くことができる場所もあるため、働きながら介護の資格を取りたい方やベテランの方もこうしたサービスを利用して職場を見つけることが可能です。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護職未経験転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ