福岡県では、30代からの転職は難しい?

  • 一般的に転職を考えると30代からの転職は厳しいと聞きます。
    実際には30歳半ばまでなら未経験でも転職することは出来ますが、福岡県デイサービスの仕事を探す時、ハローワークだけだとかなり厳しくなってきます。
    ハローワークを利用した方なら分かると思いますが、ハローワークが扱っている求人の量と質に関係してきます。
    ハローワークへ求人を出すのは基本無料ですから、企業側としても取りあえずで出すところが多いのもその理由です。
    今は新たに人を採用する必要はないけれど、離職率が高いから常に求人を出している会社もあるくらいです。
    私も経験がありますが、希望する求人を持って相談窓口に行くと、担当者が該当企業に電話で問い合わせをしてくれますが、「未経験OK」と求人票には記載があっても、その条件は酷いものです。
    未経験だと求人票に記載されている「給与」の支払いが出来ないと言われたり、研修期間が長かったりします。
    一方で「介護職」の場合は人材不足による需要と供給のバランスが崩れているため、『未経験』でも優位に転職する事ができます。
    転職後、介護施設のバックアップで資格取得(キャリアアップ)出来るところも多く、キャリアや資格に応じた給与アップも見込めます。
    しかも、国や各都道府県も高齢者問題に取り組んでいますので、介護士の離職防止策や待遇改善に力を入れて介護士さんを支える体制を整えています。

    資格をとるだけでも変わる

    介護職以外だと、資格やスキルなど即戦力になる方を優先に転職者受け入れますし数も少なくなっていて、未経験の仕事に就くのは中途採用だとかなり高い壁があります。
    当たって砕けろで面接を申し込んでも、採用されるのは相当確率が低いです。
    簡単に言えば、経験のない仕事に就くには資格と経験が無いとだめだなと気がつき、必死で勉強して資格を取得する時間やお金に余裕が有れば別ですが、時間やお金に余裕が有る方は少ないです。
    福岡県デイサービスも、資格は無いより有った方が転職に有利ですが、福岡県デイサービスの場合は、「資格」より「やる気」と「思いやり」の方が重視されます。
    それでは下記より福岡県の介護の取り組みや、介護職の具体的な説明をしていきます。

介護職未経験転職情報

福岡県 介護の取り組み

  • 福岡県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○介護サービス事業所等の職員が研修を受ける場合に代替職員を派遣【基金】

    ⇒●介護職員の研修参加を促し、職員のスキルアップと入所者・利用者の処遇向上を図る。

    小規模事業所の協働による研修支援

    ○小規模事業所でユニットを構成し、連携協力して、集合研修や交流会を合同で行う。【基金】

    ⇒●複数事業所で連携・協力し、働きやすい職場づくり、人材育成を行うことで、規模が小さいほど多い傾向にある離職を改善する。形成ユニット数:県内20ユニット

    エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止

    ○介護のキャリア段階(1年未満・2~3年・4~8年、あるいは、初任者向け、中堅職員向け)に応じた研修【基金】
    ○「介護からの離職」をテーマとしたシンポジウム開催【基金】

    ⇒●介護職のキャリア段階に応じた研修を行うことにより、キャリアアップによる成長実感と資質の向上を図り、定着を促進する。

    雇用管理改善の推進 (介護ロボット導入支援やICTの活用 等)

    ○介護従事者の業務にかかる負担軽減や効率化に資する介護ロボットの導入に対する経費補助【基金】

    ⇒●介護ロボットの導入を促進し、介護施設等の介護従事者の負担軽減を図るとともに、介護業務の効率化を図る。

    福岡県高齢者等の現状

    福岡県の人口の推移をみると、平成22年(2010年)の507万人から、平成37年(2025年) には486万人、平成47年(2035年) には456万人に減少すると予測されています。
    これに対し、本県の高齢者人口は、平成22年(2010年)の113万人から、平成37年(2025年) には148万人、平成47年(2035年)には150万人に増加すると予測されます。

    医療・介護サービスの充実

    ○地域在宅医療支援センターにおいて、関係機関の協議・交流の場を設け、引き続き地域の特性に応じた連携の促進を図るとともに、在宅医療に関する相談や情報提供を行います。
    ○郡市医師会による地域の特性に応じた在宅医療・介護に携わる多職種連携の推進を支援します。
    ○市町村が主体となって取り組む在宅医療・介護連携推進事業について、支援を実施します。
    ○高齢者等が安心して在宅生活を続けられるようにするため、相談窓口の周知や在宅医療に関する情報の提供を行うとともに、在宅医療に取り組む医師等を増やすための研修の実施や多職種の連携体制の整備を進めます。
    ○高齢者の歯科保健の重要性に関する啓発や、歯科医療と医療や介護との連携体制の構築に取り組み、在宅歯科医療を推進します。
    ○定期巡回・随時対応型訪問介護看護、看護小規模多機能型居宅介護などについて、介護サービス事業者の参入促進を図るための取組みを進めます。
    また、地域包括支援センターの職員や居宅介護支援事業所の介護支援専門員等に対し、その活用を促すとともに、高齢者やその家族に周知を図ります。
    ○新たな介護予防・日常生活支援総合事業が適切かつ円滑に実施されるよう、情報提供や助言等を行い、市町村の取組を支援します。
    ○市町村における生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の配置や、多様な関係主体間の定期的な情報共有及び連携・強化の場である協議体の設置、生活支援ボランティアの養成を支援し、生活支援サービスの充実強化を図ります。

ケアマネージャーの求人数

近年、介護や医療系の仕事に対して、求人数がかなり増加しています。

その理由としては、現代社会が高齢化となり、高齢者の数が多くなったことも関係しています。

介護保険などの制度も充実しており、このような制度を利用して、老人ホームや訪問介護サービス、デイサービスなどの介護、福祉施設を利用する人も増えています。

このような仕事の中心を担うのがケアマネージャーであり、高齢者向けの施設では、必ず配置が義務づけられています。

ケアマネージャーの仕事とは、介護サービスの計画を立て、それを利用者に提案して、利用を希望する施設との連絡を取ることがあります。

そのため、利用者にとっては、重要なポジションとなります。

介護の仕事では、責任のあるポストとなり、収入もアップしますので、ホームヘルパーから、ケアマネージャーを目指す人も少なくありません。

ケアマネージャー求人も多くあり、各都道府県の施設でも募集をしています。

都道府県は関係なく、どこでもケアマネージャーの仕事は出来ますし、ケアマネージャー求人もいろんなところであります。

もし、仕事を探しているならば、派遣会社に登録して、自分に合った職場を探してもらうもの良いですよ。

介護施設で介護士不足

全国の介護施設で、介護士不足でたくさんの介護士求人が出ています。

なぜ介護士求人が全国の介護施設でたくさん出ているのか。

それは、身体的にも精神的にもかなりの労働、負担がかかるわりに給料が少ない。

他人の排泄物などの始末をしたくない。

など他にもたくさんの理由があり、イメージ的に悪いイメージが多いように思われています。

確かに、そうかもしれません。私も最初はそうでした。

ですが、介護士も嫌な事ばかりではありまさん。良いところもたくさんあります。

たくさんのお年寄りからたくさんのことを学ぶことだってあります。

介護施設に入所している方々は、大体の方が人生の先輩です。

昔の知恵を教わったりすることもあります。

何より入所している方々のありがとう。の言葉をもらうのがすごくすごく嬉しいのです。

確かに介護士は辛いですが、そのありがとう。の一言や笑顔でその辛さがなくなります。

介護施設で介護士として働くことはとてもやり甲斐があります。

未経験OKの介護職求人募集状況

未経験OKの介護職求人をお探しのあなたに朗報です!
専門資格と経験をお持ちの方の転職はとても有利と言われていますが、介護職員として未経験や初心者の方にもチャンスはたくさんあります。
なぜなら、介護職員には実に多くの職種・就業形態・施設形態があり、常に求められているお仕事だからです。

次の項目では、どんな職場で働くことができるのか、どんなお仕事なのかを確認していきましょう。
あなたのお住いの近くにも多くの未経験OKの求人募集があり、これまでも多くの介護職員未経験・初心者の方が実際に希望の職場を見つけることができています。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護職未経験転職地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ