由利本荘市では、30代からの転職は難しい?

  • 一般的に転職を考えると30代からの転職は厳しいと聞きます。
    実際には30歳半ばまでなら未経験でも転職することは出来ますが、由利本荘市グループホームの仕事を探す時、ハローワークだけだとかなり厳しくなってきます。
    ハローワークを利用した方なら分かると思いますが、ハローワークが扱っている求人の量と質に関係してきます。
    ハローワークへ求人を出すのは基本無料ですから、企業側としても取りあえずで出すところが多いのもその理由です。
    今は新たに人を採用する必要はないけれど、離職率が高いから常に求人を出している会社もあるくらいです。
    私も経験がありますが、希望する求人を持って相談窓口に行くと、担当者が該当企業に電話で問い合わせをしてくれますが、「未経験OK」と求人票には記載があっても、その条件は酷いものです。
    未経験だと求人票に記載されている「給与」の支払いが出来ないと言われたり、研修期間が長かったりします。
    一方で「介護職」の場合は人材不足による需要と供給のバランスが崩れているため、『未経験』でも優位に転職する事ができます。
    転職後、介護施設のバックアップで資格取得(キャリアアップ)出来るところも多く、キャリアや資格に応じた給与アップも見込めます。
    しかも、国や各都道府県も高齢者問題に取り組んでいますので、介護士の離職防止策や待遇改善に力を入れて介護士さんを支える体制を整えています。

    資格をとるだけでも変わる

    介護職以外だと、資格やスキルなど即戦力になる方を優先に転職者受け入れますし数も少なくなっていて、未経験の仕事に就くのは中途採用だとかなり高い壁があります。
    当たって砕けろで面接を申し込んでも、採用されるのは相当確率が低いです。
    簡単に言えば、経験のない仕事に就くには資格と経験が無いとだめだなと気がつき、必死で勉強して資格を取得する時間やお金に余裕が有れば別ですが、時間やお金に余裕が有る方は少ないです。
    由利本荘市グループホームも、資格は無いより有った方が転職に有利ですが、由利本荘市グループホームの場合は、「資格」より「やる気」と「思いやり」の方が重視されます。
    それでは下記より由利本荘市の介護の取り組みや、介護職の具体的な説明をしていきます。

介護職未経験転職情報

由利本荘市 介護の取り組み

  • 秋田県介護計画策定の趣旨

    ●秋田県では、平成22年の国勢調査において、高齢化率が全国一となる29.6%となりました。
    平成26年10月1日現在の高齢化率は32.6%と、全国平均の26.0%を6.6ポイント上回っており、依然として全国一の高齢化率となっています。
    (高齢化率は秋田県年齢別人口流動調査及び総務省統計局公表の人口推計データ)
    また、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計では、平成42年には全国で秋田県だけが40%を越えて、41.0%にまで達していると推計しています。
    ●秋田県では、平成12年3月に「秋田県介護保険事業支援計画・第2次老人保健福祉計画」を策定し、その後、3年ごとに同計画を策定しており、平成24年度から平成26年度までを計画期間とする「第5期介護保険事業支援計画・第6期老人福祉計画」では、新たに地域包括ケアシステムの実現のための取組をスタートし、医療・介護・福祉連携促進協議会の開催や、セミナーの開催などを行ってきました。
    ● 平成27年度から平成29年度までを計画期間とする「第6期介護保険事業支援計画・第7期老人福祉計画」については、いわゆる「団塊の世代」が75歳以上となる平成37年を見据えた中長期的な視野に立った施策の展開を図るとともに、高齢化率全国一の秋田県として、地域包括ケアシステムの実現に必要な取組をより一層発展させていく施策を進める計画とします。

    介護人材の育成と確保

    介護人材の現状と需給推計

    【現状と課題】● 今後、要支援・要介護認定者の増加に伴い、介護サービス量の一層の増加が見込まれ、これに対応するための人材の確保が喫緊の課題となっています。
    ● 団塊の世代が75歳以上となる2025年には、全国で最大250万人の介護職員が必要と推計されており、本県においては介護職員が約2,800人不足すると見込まれます。
    ● 生産年齢人口の減少が見込まれる中にあっても、医療と介護の連携を図り、介護サービスや地域包括ケアシステムを支える人材を安定的に育成・確保する必要があります。

    介護人材の養成状況

    〔介護支援専門員〕
    ・ 平成26年度までに、6,366人が介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、介護支援専門員実務研修を受講ののち、介護支援専門員として登録されています。
    ・ 介護サービス事業所で実務に従事している介護支援専門員は、平成26年4月現在で2,190人となっています。
    ・ 介護支援専門員の資質向上を図るため、登録の更新制、二重指定制を取り入れ、義務化・体系化された各種研修を習熟度に応じて実施しています。
    ・ 主任介護支援専門員は平成18年に創設され、地域包括支援センター等において、介護支援専門員への助言指導や包括的・継続的なケアマネジメント支援業務の中心的な役割を担っています。

    〔介護員〕
    ・ これまでの「介護職員基礎研修」と「介護員養成研修1級課程、2級課程、3級課程」は、平成25年4月から「介護職員初任者研修」に一元化されました。介護職員初任者研修では、介護業務に従事する上で必要となる基本的な知識・技術を習得します。
    ・ 県は、研修を実施する機関を指定しており、平成27年1月末現在で35事業所が指定養成研修機関の指定を受けています。
    ・ 平成25年度末までに指定養成研修機関での研修を修了した者は、37,562人となっています。

    〔介護福祉士〕
    ・ 県内の平成26年3月末時点における介護福祉士の登録者数は、14,891人となっています。
    ・ 社会福祉士及び介護福祉士法の改正により、平成24年度から、一定の研修を修了した介護福祉士や介護職員等は、一定の条件の下でたんの吸引等の医行為を実施することができます。
    また、平成28年度以降の国家試験に合格した介護福祉士は、一定の条件の下でたんの吸引等の医療行為を行うことができます。
    ・ 介護福祉士の資格取得に向けて受講する「介護職員実務者研修」について、平成27年4月からは、県が研修を実施する機関を指定します。

    〔看護職員〕
    ・ 就業している看護師及び准看護師数は、平成24年12月末現在で、看護師が10,005人、准看護師が3,464人、合計で13,469人となっています。
    全体としては増加傾向にありますが、准看護師はやや減少傾向にあります。
    人 口 1 0 万 人 当 た り の 就 業 者 数 で み る と 、 看 護 師 及 び 准 看 護 師 合 計 で 、1,266.9人となり、全国平均(1,077.2人)を上回っています。
    ・ 就業場所は、病院が約65%を占めていますが、近年、在宅医療・介護の進展などに伴って、介護保険施設等への就業者が増加傾向にあります。

以下にあてはまるなら、今すぐ転職!

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。

介護福祉士の転職・採用・募集状況

介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャーの転職状況

高齢者福祉の求人は現在も多く、介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャー等の介護の仕事に携わる人に取って転職・就職率は高いです。

一時の不況を抜け出し、日本の景気は全体でみるとずいぶん回復してきました。失業率も年々、下がってきています。それでも全産業でみると、有効求人倍率は1.0を切っています。つまり、求職している人の数に対して、求人募集の方が少ないということです。

そんな中、介護分野に限ってみると、有効求人倍率は2014年度で約1.82倍。しかも、2011年の1.31からずっと伸びてきています。これは、働きたい人よりも仕事の方がどんどん増えている、ということ。介護分野は成長産業といえます。

介護の仕事に携わろうと考えている人にとっては、チャンスも多い状況なのです。

しかし、あなたの希望どおりの転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパー等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。

あなたが転職したい介護関連企業に精通した専門家に相談して、転職を成功させるまでサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職が成功するように必要なアドバイスもしてくれます。

他産業に比べ、有効求人倍率が高い介護分野。求職者にとっては、たくさんの仕事に巡りあえるチャンスです。じっくり求人を吟味して、ご自分に向いた仕事、満足のいく転職を実現させたいですね。

未経験でもオススメなワケ!

未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

介護職未経験転職施設別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ