小暮医院ハローワーク求人ヘルパー【駅近の介護職未経験転職情報】

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆介護支援専門員取得者の求人多数。


小暮医院では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



小暮医院の概要

郵便番号 〒133-0042
住所 東京都江戸川区興宮町16-13
電話番号 03-3653-5347
施設形態 病院
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

小暮医院の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



駅近の介護職未経験転職情報

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆介護支援専門員取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



条件のいい高待遇の介護職求人情報

介護施設への転職は、現在売り手市場と言われています。
条件のいい高待遇の介護職求人情報は、非公開求人となっていることがほとんどです。

案件の数も非常に多く、

・正社員
・契約社員・パート/その他

といった雇用形態

・機能訓練指導員
・管理職・サービス提供者
・生活相談員
・ケアマネージャー
・ヘルパー
・家事代行スタッフ
・管理栄養士
・医療事務
・介護事務
・送迎ドライバー
・看護師

などの職種や、

・ヘルパー2級
・ヘルパー1級
・介護職員基礎研修
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士
・介護支援専門員
・社会福祉士
・社会福祉主事任用
・精神保健福祉士
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護師
・准看護師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
・介護事務
・医療事務
・その他・無資格

などの各種資格

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

などの各種サービス形態、

といった様々な軸を基準に、あなたのご希望にあった職場の求人情報を探すことができます。

また、求人情報も、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しており、転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に、ご検討することが可能となっております。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 駅から遠く通勤が不便だった
  • 給与が安すぎた
  • 転職の面接時の説明と労働条件が違っていた
  • 激務なのに時給が安くて大変だった

転職の理由が「自宅近くの施設で働きたい」「ボーナスが出る施設で働きたい」「昇給のある会社に転職したい」「経験を活かせる施設で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「駅近の介護職未経験転職情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●高齢者向け住宅で働きたい。

●中高年でも出来る介護の仕事がしたい。

●退職金制度がある施設で働きたい。

●有給休暇が有る施設に勤めたい。

●デイサービスの求人を探している。

●病院・診療所で介護がしたい。

●在宅しか経験がないけど施設で働きたい!

●管理栄養士の仕事を施設でしたい。

●扶養手当がある施設で働きたい。

●サービス付き高齢者向け住宅で働きたい。

という希望なら

☆人間関係を重視した求人を紹介してます。

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆25万円以上の高給与求人多数掲載してます。

☆介護支援専門員取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



求人情報サイトの有効利用

求人情報を知ることができる方法には、各市町村にありますハローワークにて情報を知ることができるほかに、最近ではパソコンやスマホなどを使用して、求人情報を知ることができ便利なのが『求人情報サイト』です。

『求人情報サイト』では、求人に関する多くの情報を掲載しているだけでなく、働きたい職種や働きたいエリアを入力すれば、簡単に求人の情報を検索することができ大変便利です。

新たに仕事をはじめる時は、給与も大切な条件となりますが、何よりも職種が大切で、自分が希望する職種に就職することができる方もいますが、希望する職種に就職することができない場合もあるので、一つの職種にこだわる事も大事ですが、若いうちにたくさんの資格を取得しておくことで就職に有利ともなります。

多くの求人を募集している職種に介護職があり、ホームヘルパーの求人を募集している介護施設なども多くあることから、ホームヘルパーの求人は、これからますます増加していく求人です。




こんな時は無料サポートがオススメ

  • 未経験だけど介護の仕事を始めたい
  • 初心者だけど希望どおりの転職がしたい
  • はじめての転職で不安がいっぱい
  • 今より条件のいい職場に転職したい
  • 人間関係のいい職場で働きたい
  • 少しでも給与アップを狙いたい
  • 休日や定時後にしっかりプライベートな時間を確保したい
  • 今の職場を円満退職できるかどうか心配




介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




東京都高齢者保健福祉計画

東京都介護保険事業支援計画・老人福祉計画

ポイント
~平成37年(2025年)を目途に、東京の地域包括ケアシステムの構築を目指す~
・平成37年を見据えた中長期的な視点で、介護サービス基盤等の充実を図るとともに、必要な介護人材を確保
・平成27年4月の介護保険制度改正により区市町村の役割が大きくなることなどを踏まえ、区市町村における地域包括ケアシステムの構築を支援
・地域包括ケアシステムを、地域の将来の姿を踏まえた「まちづくり」の中に位置付けていくという視点を明確化

重点分野
1.介護サービス基盤の整備
~住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~
2.在宅療養の推進
~医療と介護の連携強化による 24 時間の安心を目指して~
3.認知症対策の総合的な推進
~認知症になっても安心して暮らせる東京を目指して~
4.介護人材対策の推進
~質の高い介護サービスを安定的に提供するために~
5.高齢者の住まいの確保
~多様なニーズに応じた居住の場を選択できるように~
6.介護予防の推進と支え合う地域づくり
~「支えられる存在」から「地域を自ら支える存在」へ~

東京都高齢者居住安定確保計画

目標
・高齢者の多様なニーズを踏まえ、賃貸住宅や老人ホームなどの住まいが適切に供給されるよう環境を整備するなど、高齢者が住み慣れた地域で暮らせる住まいを確保
・適切に供給された住まいにおいて、高齢者が安心して日常生活を営むために必要なサービスを提供する体制を整備

目標実現に向けた取組
1.高齢者向けの賃貸住宅・老人ホーム等の供給促進
2.高齢者向け住宅等の質の確保と高齢者の入居支援
3.地域で高齢者を支える仕組みの構築
4.高齢者の居住の安定確保に向けたその他の取組



福祉人材の確保・育成・定着

○高齢化の進展により今後更に増加が見込まれる介護分野をはじめ、保育分野や障害福祉分野などの福祉サービスへのニーズに対応していくためには、福祉人材を安定的に確保し、質・量ともに充足させていく必要があります。

○しかしながら、少子化による若年労働人口の減少に加え、福祉系職種の求人状況は、経済情勢や他の業種の動向に影響されやすく、また離職率の高い職場も多いことから、福祉サービスを支える人材の確保等はますます困難な状況となっています。
都内の平成26年度の介護関連職種の有効求人倍率は4.06倍となっており、全職業の1.37倍を大きく上回っています。

○都は、これまで、福祉の仕事の魅力を発信するとともに、合同採用試験や就職説明会等による採用支援、各種研修による能力向上の促進などを行ってきましたが、このような状況に対応するため、福祉人材の確保・育成・定着に向けた取組を更に進めていく必要があります。


就職・転職コラム

自分を振り返っての自己判断が重要な課題だと言う人の考え方は、折り合いの良い職場というものを見つけようとしながら、自分自身の取りえ、心惹かれること、売り物をつかんでおくことだ。
働いてみたいのはどんな会社かと確認されたら、直ぐに答えがうまく出ないけれども、今の勤務先に対する不満となると、「自分に対する評価が正当ではない」という感想を抱いている方が非常に多く存在しております。
企業選びの観点としては2つあり、一方はその企業のどんな点に心惹かれたのか、他には、自分自身はどのような仕事をして、どんなやる気を身につけたいと考えたのかという所です。
意外なものとして大学卒業と同時に、外資系を目論むという方もいますが、現実を見てみるとほとんどは、日本の企業に勤務してから、30歳あたりで外資に転職というパターンなのです。
自分の能力を伸ばしたいとかさらに自分を磨くことができる職場にたどり着きたい、。そんな思いを耳にすることがしょっちゅうあります。自分の成長が止まったことを発見して転職情報を集め始める人が大勢います。

第二新卒は最近よく目にしますが、「一旦就職したものの短期間で離職した若年者(一般的には25歳程度まで)」を表す言葉なのです。近頃は早期に離職してしまう新卒者が増加していることから、このような言葉が誕生したのでしょう。
アルバイト・派遣を経て得た「職歴」を武器に、多くの会社に就職面接を受けに行ってみましょう。やはり、就職も出会いの特性があるため、面接を多数受けるのみです。
就職活動において最終段階となる難関の面接選考の情報について説明することにします。面接試験は、応募した本人と応募した先の人事担当者による対面式の選考試験である。
「就職氷河期」と最初に命名された際の年代の若者は、マスコミが報道するニュースや社会の動向に受け身になっているうちに「就職がある分めったにない」なんて、就職口を即決してしまった。
当座は、行きたいと願う会社ではないというかもしれませんが、求人を募っているそこ以外の企業と秤にかけてみて、多少なりとも魅力的だと感じる部分は、どの辺なのかを探索してみてください。

転職で就業するには、アルバイトでも派遣労働でもいいから「職歴」を作っておいて小さめの企業を狙って面接と言うものを志望するというのが、大筋の抜け道でしょう。
「書くものを携行してください。」と記載されていれば、筆記テストの可能性がありうるし、よくある「懇談会」と記されていれば、小集団での論議が取り行われるケースがよくあります。
「就職を望んでいる企業に臨んで、あなた自身という人的資源を、どれだけ見事で輝いて見えるように発表できるか」という能力を養え、ということが重要だ。
売り言葉に買い言葉ということで、「こんな会社もういやだ!」こんなことを言って、ヒステリックに離職してしまうような人も存在するけど、景気が非常に悪い今、我慢できずに退職することは恐ろしい結果を招きます。
辛酸を舐めた人間は、仕事の際にも負けない。そのしぶとさは、あなた方の武器といえます。将来就く仕事において、確実に役立つ時がくるでしょう。