グループホームすてきだね介護求人【オープニング施設の介護職未経験転職情報】

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆看護師取得者の求人多数。☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆作業療法士取得者の求人多数。


グループホームすてきだねでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



グループホームすてきだねの概要

郵便番号 〒078-8355
住所 北海道旭川市東光15条5丁目2-12
電話番号 0166-32-9123
施設形態 グループホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

グループホームすてきだねの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



オープニング施設の介護職未経験転職情報

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆看護師取得者の求人多数。☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆作業療法士取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



40歳、50歳の介護士・ヘルパーの求人がある施設

40歳代、50歳代の好待遇の求人情報を見る際に気を付けたいのが、あなたの希望条件と求められるスキルが一致するかどうかを確認することです。

また、あなたの資格や経験をもう一度整理することも必要です。

希望条件に見合う介護施設はどこ?

あなたの希望条件は何でしょうか。
また、あたなが以前の施設を辞めた理由は何でしょうか。

また希望に見合った施設を探すためにも、同じ問題がおこらないようにするためにも、施設の特徴や働くうえでのポイントを知っておくことは重要です。

介護施設の種類・特徴・働くうえでのポイント

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】・医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。
・介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

【POINT】意識、意欲を高く保てないとルーチンワークになりやすい

介護老人保健施設
【特徴】・機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる
・多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる

【POINT】・医療職が主導権を持ち、介護職は補佐的役割となる施設も多い
・どのような介護でも、他施設に比べ全て自立に繋げるよう考えられているので、ケアに対してやや異なる意識の持ち方も必要

グループホーム・認知症対応型共同生活介護事業所
【特徴】・少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい
・施設でありながら、家庭的な雰囲気である
・提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)

【POINT】・認知症状への理解度合いが低いと、適切な介護提供が困難
・ 夜勤人員が少ないため、緊急対応時の判断力が求められる
・少人数のため、人間関係が濃くなりがち

介護付き有料老人ホーム
【特徴】・同僚のケアを学べる
・昇給・昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい

【POINT】・運営会社により方針が大きく異なる
・時間に追われがち
・大勢のスタッフと働くため、意見の相違などがストレスになることも
・事業所方針により、営業的側面がある場合も

サービス付き高齢者向け住宅
【特徴】・訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない
・在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

【POINT】・一般住宅のため訪問介護同様、個別にケアを行い、見えない時間もある
・医療職は配置されない場合が多い

訪問介護・ホームヘルプ
【特徴】・一対一で介護が出来る
・自宅近くで土地勘を活かしながら働ける
・のびのび働ける
・時間単位で動ける

【POINT】・介護が自己流になりやすい
・各訪問先ごとにやり方が違う
・一人で訪問するため、とっさのときに頼れる人が近くにいない(電話でしか指示を仰げない)

ショート・短期入所生活介護
【特徴】・様々な状態の利用者に接することが出来る
・介護の高い方は、比較的少ない

【POINT】・一時利用のため継続した介護提供(観察含む)を行っていない場合が多く、状態把握が難しい
・利用者入れ替わりのサイクルが早いため、事務処理が多い

デイサービス・通所介護事業所
【特徴】・夜勤がない
・日曜日が休みの施設が多い
・レク中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある

【POINT】・曜日により利用者が異なるため、状態把握、報連相が重要

地域密着型サービス・小規模、小規模多機能型居宅介護
【特徴】・在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。
・訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる

【POINT】・利用者数が限定されている
・在宅ながら夜勤がある
・在宅ケアの全てを一括して担うため、一般的な施設以上にご家族との報連相が重要となり、情報の共有漏れの影響が大きい

介護施設の求人情報に詳しい転職のプロに相談するメリット

40歳代・50代の私にぴったりなのはどこ・・・? プロの意見が聞ける!

介護施設ごとの特徴・働くうえでのポイントが分かっても、
・自分の希望条件が通りやすい施設はどこなのかが分からない・・。
・自分の資格や経験をどこで活かせるのかが分からない・・・。

そんな転職や就職に、年齢的な不安をお持ちなら、介護職員さんの転職サポートに専門特化したキャリアエージェントに相談しましょう。

キャリアエージェントに相談するメリット

◆メリット1

介護職員さんの転職・就職サポートを専門にするアドバイザーが、完全無料で納得の就職・転職・パートやアルバイト探しを実現するためのお手伝いをしてくれます。

◆メリット2

あなたの希望条件に見合った介護職・介護施設の求人を提供してくれます。

転職をサポートしてくれるアドバイザーは、現場のことをとてもよく知っていて、普通はそこで働いていないと分からないような情報をたくさん知っています。
現場の雰囲気やどんな上司か・・・などの情報をあなたに事前に伝えられるよう、しっかり現場を訪問しているのです。

介護職の求人情報からは分からない、中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができますね!
後悔のない、納得の転職・就職・パート探し・アルバイト探しが実現できるのです!

◆メリット3

転職の際につい見落としがちになってしまう注意点なども、アドバイスしてくれます。
面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれるところもあります!

急いでお仕事をスタートさせたい方、少しでも高給料・好待遇をお望みの方、一生の職場として慎重に選びたい方の心強い味方です。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 給料が上がらないのでモチベーションが保てなかった
  • 職場の雰囲気が悪かった
  • 休日が少なすぎて体調を崩してしまった
  • 年収が低いのに耐えられなくなった

転職の理由が「経験を評価してくれる施設に転職したい」「正社員として採用して欲しい」「福利厚生のしっかりした会社に就職したい」「駅近で通勤しやすいところがいい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「オープニング施設の介護職未経験転職情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●包括支援センターに就職したい。

●制服貸与の施設を探している。

●昇給がある介護施設で働きたい。

●通所リハビリで働きたい。

●有料老人ホームの求人を探している。

●希望休が出せる介護施設に勤めたい。

●年末年始手当てが出る介護施設で仕事がしたい。

●退職金制度がある施設で働きたい。

●病院・診療所で介護がしたい。

●労災保険のある介護施設で仕事がしたい。

という希望なら

☆理学療法士取得者の求人多数。

☆看護師取得者の求人多数。☆ご自宅から近い職場を探せます!

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆作業療法士取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



介護福祉士の転職・採用・募集状況

介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャーの転職状況

高齢者福祉の求人は現在も多く、介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャー等の介護の仕事に携わる人に取って転職・就職率は高いです。

一時の不況を抜け出し、日本の景気は全体でみるとずいぶん回復してきました。失業率も年々、下がってきています。それでも全産業でみると、有効求人倍率は1.0を切っています。つまり、求職している人の数に対して、求人募集の方が少ないということです。

そんな中、介護分野に限ってみると、有効求人倍率は2014年度で約1.82倍。しかも、2011年の1.31からずっと伸びてきています。これは、働きたい人よりも仕事の方がどんどん増えている、ということ。介護分野は成長産業といえます。

介護の仕事に携わろうと考えている人にとっては、チャンスも多い状況なのです。

しかし、あなたの希望どおりの転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパー等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。

あなたが転職したい介護関連企業に精通した専門家に相談して、転職を成功させるまでサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職が成功するように必要なアドバイスもしてくれます。

他産業に比べ、有効求人倍率が高い介護分野。求職者にとっては、たくさんの仕事に巡りあえるチャンスです。じっくり求人を吟味して、ご自分に向いた仕事、満足のいく転職を実現させたいですね。




介護士パート求人から読み取れること

介護士パート求人に限らず仕事を探す場合には、ネットで求人サイトを調べたり、ハローワークや求人誌などを見て探すという場合が多いですよね。

フリーペーパーや新聞の求人欄をご覧になる方も多いかも知れません。

それらを見ていると、何度も同じ施設や会社などの求人が出ている場合がありませんか?

「これ前もここの求人が出ていた」と日付が過ぎても頻繁に求人募集がされている場合は、その施設などでの離職率が高い可能性もあるようです。

現在、介護職員はどこも人材が不足している状態ですので、資格が無くても働けるという所も少なくありません。

いわゆる「売り手市場」という状態ですから、求人ニーズの方が高い状況で、転職回数が多くても仕事が見つかる状況なんだそうです。

介護職で勤務するという場合、これからも介護施設などで仕事を続けていこうと考えている場合には、介護職員初任者研修を持っている方が良いですね。

またゆくゆくは正社員になりたいという場合には、介護福祉士の資格を持っていると転職などにも有利になってきます。

実際、介護スタッフとして働きつつ、資格取得のための勉強をされている方も多いです。




転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

【担当エージェントについて】
担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

【担当エージェントについて】
私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
本当にありがとうございました。
もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

【担当エージェントについて】
介護業界という事もあるのでしょうが、一度もお会いしないでいきなり面接同行という方法はかなりびっくりしました。
大変なお仕事ですね。
担当者さんは落ち着いていて、感じの良い方だったので安心しました。




介護計画推進のための具体的取組

北海道各市町村の介護計画推進の基本的な方針を踏まえ、
「介護サービス提供基盤の整備」
「人材の確保及び資質の向上」
「サービスの質の確保・向上」
「在宅医療・介護連携の推進」
「認知症施策の推進」
「高齢者のニーズに応じた住まいの確保」
「生活支援・介護予防サービスの充実」
「健康づくりと介護予防の推進」
「高齢者が積極的に参加する地域づくり」
「介護保険の安定的な運営」及び「計画の推進管理」に関する推進方策(取り組むべき方向性)を示します。
地域包括ケアシステムの構築のため、「介護サービス提供基盤の整備」や「人材の確保及び資質の向上」、「在宅医療・介護連携の推進」、「認知症施策の推進」、「高齢者のニーズに応じた住まいの確保」、「生活支援・介護予防サービスの充実」を重点的に取り組んでいます。

介護計画推進のための具体的取組

(1)介護サービス提供基盤の整備
・在宅生活を支えるサービス提供基盤の充実
・施設サービスの充実

(2)人材の確保及び資質の向上
○福祉・介護への理解促進
○福祉・介護職への参入促進
○福祉・介護人材の資質向上
○福祉・介護の労働環境・処遇の改善
○関係機関の連携強化
○保健・医療関係人材の養成・確保
○介護支援専門員の養成・確保

(3)サービスの質の確保・向上
○事業者の指定及び指導・監査等
○介護サービスの情報公表と評価
○介護支援専門員の資格の管理
○苦情相談体制等の整備
○施設職員に対する研修等

(4)在宅医療・介護連携の推進
○在宅医療との連携強化の推進
○たんの吸引等を実施する介護職員の養成
○療養病床の円滑な再編成
○脳卒中等医療連携体制の充実

(5)認知症施策の推進
○認知症の医療対策(早期診断・早期対応)
○地域での日常生活・家族の支援と介護人材の育成
○若年性認知症対策
○市民後見人の養成や後見実施機関の整備に対する支援
○認知症初期集中支援チームの設置などの市町村の取組に対する支援

(6)高齢者のニーズに応じた多様な住まいの確保
○多様な住まいの確保
○情報提供、相談体制の充実
○住宅改修に対する支援
○福祉環境の整備等

(7)生活支援・介護予防サービスの充実
○要支援者に対する介護サービスの介護予防・日常生活支援総合事業への円滑な移行
○多様な主体による多様な生活支援・介護予防サービスの充実強化
○住民参加型の地域づくりの推進
○地域包括支援センターの機能強化
○高齢者などが安心して暮らせるコミュニティづくりの推進
○家族介護支援
○相談体制の充実
○高齢者の権利擁護
○災害時の支援体制づくり

(8)健康づくりと介護予防の推進等
・健康づくりの推進
・介護予防の推進

(9)高齢者が積極的に参加する地域づくり
○就業機会の確保
○生涯学習の充実
○文化・スポーツ活動の促進
○社会活動等の促進

(10)介護保険の安定的な運営
・低所得者に対する介護保険料等の負担の軽減
・制度の普及、公正な運営
・介護保険事業の広域化の推進
・介護給付等に要する費用の適正化のための取組の推進



国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



就職・転職コラム

やっとこさ就職の為の準備段階から面接のフェーズまで、長い段階を登って内定が決まるまで行きついたのに、内々定の連絡後の処理を抜かってしまっては駄目になってしまいます。
就職先選びの展望は2つあり、一方はその企業の何に関心があるのか、2つには、自分はどんな職業について、どんな励みを享受したいと考えているかです。
「自分が現在までに積み重ねてきた特別な能力や才能を武器にして、この業務に就きたい」というように自分にからめて、どうにか話しの相手にも論理性をもって受け入れられるのです。
それなら勤めてみたいのはどんな企業かと問いかけられても、答えがうまく出ないものの、現在の職場への不満となると、「自分への評価が適正でなかった」と発言する人がとてもたくさん存在します。
公共職業安定所などの場所の引きあわせを受けた場合に、そこに入社が決まると、年齢などの条件によって、就職先からハローワークに対して推薦料が払われているそうです。

第一志望の企業からの内々定でないからということなんかで、内々定の意思確認で悩むことはありません。就職活動が全部終了してから、内々定となった応募先企業の中から選定するだけです。
実際は就活する折に、こちらの方から応募希望の勤め先に電話することはそれほどなくて、応募先の会社の担当者からの電話連絡を受けなければならないことの方がかなり多い。
一般的に日本の会社で体育会系出身の人がよしとされるのは、言葉遣いがしっかりしているからではないでしょうか。いわゆる体育会系の部活では、上下関係がきちんとしており、どうしても習得できるようです。
なんといっても成長業界であれば、魅力的なビジネスチャンスがとてもたくさんあるのだ。それゆえ新規事業開始のチャンスもあれば、子会社や関連会社などを作ったり、会社の中心事業やチームの責任者をまかされる可能性が高くなるのだ。
転職といった、言ってみれば何回も切り札を出してきた履歴がある方は、自動的に転職したという回数も増えます。それもあって、同一会社の勤続が短いことがよくあるということです。

仕事の場で何かを話す節に、観念的に「何を感じたのか」という事のみではなく、他に具体的な例を加えて申し述べるようにしてみてはいかがでしょう。
外資系企業で就業している人は、さほど珍しくない。外資系の会社と言えば、もともとは中途採用の即座に戦力となる人を採用するような印象を受けたが、近年では、新卒学生の入社に野心的な外資系も目につくようになってきている。
選考試験の場面で、面接以外にグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を組み込んでいるところが増えているのだ。採用担当者は面接では見られない本質の部分を観察するのがゴールなのでしょう。
電話応対さえも、面接試験の一部分だと意識して取り組みましょう。反対に見れば、その際の電話応対であったり電話のマナーがよいと感じられれば、高い評価を受けることになるということなのだ。
人材紹介会社の会社では、クライアントに紹介した人が予定していない期間で退職するなどマッチングに失敗してしまうと、人気が悪化しますから、企業のメリットもデメリットも全て正直にお伝えするのです。